肌の保湿にとことんこだわる姿勢が肌の若返りにとって重要

 

歳を取るごとに肌質の変化や肌荒れや肌のデキモノなどがなかなか治っていかないなーと感じることが多いと思います。

 

それらのことは主に肌の乾燥によって引き起こされるターンオーバーの乱れが大きく関係しているわけですが、この肌の乾燥を防ぐことによってもう一度肌のターンオーバー周期を安定させることでより早く肌の新陳代謝を促進させることができるわけです。

 

保湿効果を高める方法

保湿に関してはよいものを使えばそれだけ保湿効果が高まるということになってしまうのですが、高い化粧水や美容液が購入できなくても薬局で1000円以下で購入できるものだけで十分に代用可能ですのでご安心下さい。

 

1.オイルクレンジングは使わない

化粧をするとオイルクレンジングでしっかりと落としたいと思う人も多いかもしれませんが、オイルによって顔の皮脂を余分にかきとってしまうことになってしまうので、なるべくならオイルクレンジングは使わないでください。

乾燥の原因がわからないという人の中にはオイルクレンジングを毎日使用しているという人もいるぐらいです。皮脂を余分に取ることで顔の乾燥を促進させてしまうことになります。

 

どうしてもクレンジングを使わないと化粧が落とせないから嫌だということでしたら保湿効果のあるミルククレンジングなどをご使用下さい。

 

2.顔以外もしっかりと保湿すること

女性は特に顔を気にする人が多いので見落とされがちなのですが、首や手といったところでも大きく老けを感じてしまう人は多いです。

 

首や手といった露出が多いところは特に乾燥もしやすいので顔と同様に保湿をしてあげることが大切になります。

 

首や手にまでお金が回せない!という人でもニベアクリームのような安価な保湿クリームを使用してみてはいかがでしょうか。薬局で398円ほどで売っていますよ。

 

首や手は年齢とともに脂肪が薄くなって血管が浮き出やすい場所になります。

 

顔は隠せても首や手は隠せないというほどでケアをしている人としていない人では大きく差が出てしまう場所ですからね。

 

手荒れが気になるという人がいたら、手には手荒れ予防効果のあるものもがいいですね。

 

夜にはナイトクリームを塗って睡眠時の乾燥を防ぐこともポイントになります。

 

ローズマリーのような若返り成分が入ったものを使用するといいですね。

 

なるべくなら科学成分ではなく、天然成分でできているものを使用することがオススメです。

 

参照:ハーバルラビット効果